読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぷく日和。

あわただしい日々の中、ちょっと一服しませんか☆

病気が勝手に治る身体づくり

f:id:cyuncyun8:20161215224706p:plain

 

医学博士の安保徹先生 が12月6日に、急逝されていたのですね。

日本自律神経病研究会終身名誉理事長で、最新の免疫学に基づく、病態生理と治療法を探究された先生です。

ご冥福をお祈りします。

 

なんとなくですが、今の医療は対症療法が多くて、根本的な治療をしていないような気がしています。

風邪かな と受診した場合、現在の症状を聞かれます。

例えば、のどが痛くて、咳がでて、熱も少しあり、お腹も下し気味、と言うと、

各症状に対する薬を処方されます。

症状が増えると、薬も増えてしまうので、全部の症状を伝えることを躊躇ったこともありました。

おまけに、薬の種類が増えたせいなのか、胃薬まで処方されて、風邪の時、一度に10錠以上もの薬を服用したこともありました。

結局、言葉は悪いのですが、症状を薬でごまかしているだけかなと。

 

また、 肩こり についても、

同じ姿勢をとったり使いすぎて特定の筋肉が張っているからとか、内臓によって痛みが出ているからとか、生活の癖によるものとか……

ほぐしたり、痛み止めを飲んだり、湿布を貼ったりしても、一時的には楽になることがあっても、原因があっての症状ですから、その原因を改善しない限り、すぐに元に戻ってしまいます。

 

やはりなんとなく聞いたことがあるという程度なのですが、

実際に病気を治すのは、「自分の自然治癒力だ」ということらしく、その意見に私はしっくりとした感じを受けました。

ちょっとしたケガならちゃんとふさがる って、実はスゴイことですよね。

「私の身体、ありがとう!」ともっと感謝しようと、書いていて思いました。

 

そして、もうひとつ重要なことは、そもそも、病気から身を守るために、体に備わっている「免疫」というシステムです。

安保先生は、「人は、なぜ、病気になるのか」 「病気は、なぜ、治るのか」を探究されていました。そして、出てきたキーワードは、「自律神経」と「体温」だったとのことです。

 

ノロウイルスやインフルエンザが流行ってきていますので、

安保先生の 免疫力を高める生活 を紹介します。

 

――――――― 「免疫を高める」と病気は勝手に治る より抜粋引用 ―――――――

★ 免疫を低下させる 『二大ストレス源』

① 「無理な生き方」をやめよう

    ☆交感神経が優位なタイプは、ストレスに強い

     → 過酷な環境の中で、無意識のうちに無理を重ねてしまう

     → 副交感神経を高める必要がある。

       「休息して、もっとリラックス!」

    ☆副交感神経が優位なタイプは、ストレスに弱い

     → 楽な環境に慣れ、ちょっとしたことでも負担に感じてしまう

     → 交感神経を高める必要がある。

       「活動的に、もっと刺激を!」

 

② 「薬の長期使用」をやめよう

    病院で処方されるほとんどの薬には、交感神経を刺激する作用が

    あります。常用すると、知らず知らずに自律神経の乱れが悪化

    し、さらなる体調不良を招きます。(略)可能な限り、薬はへら

    す・やめる方向で、病気に向き合っていきましょう。

 

★ 免疫を高める 『四大極意』

① 「早寝早起き」

    日中は活動が求められるため交感神経が優位になり、

    夜間は休息が求められるため副交感神経が優位になります。自然

    のリズムに合わせることで自律神経のバランスが整えられます。

 

② 「体を温める」

    低体温を改善するため、できれば毎日入浴しましょう。血行がよ

    くなれば、体のすみずみまで酸素と栄養が行き渡り、エネルギー

    の産生が促されます。

 

③ 「体を動かす」

    過度な運動は交感神経を優位にしますが、汗ばむ程度の適度な

    運動は、自律神経のバランスを整えます。

    筋肉が動くことで発熱が促され、低体温の解消につながります。

 

④ 「日光浴」

    自律神経が乱れると低体温を招きますが、日光浴がその解消に

    役立ちます。

    太陽の光を浴びると、体内のミトコンドリアが活性化します。

    エネルギーがじゅうぶんに産生されることで、

    体温も上がるのです。

――――――― ここまで ―――――――

 

免疫力を積み重ねて、病気が勝手に治る体を作りたいですね。

なにより、安上がり で嬉しいです。

安保先生、ありがとうございました。

 

医学博士安保徹の公式サイトです

 

現在、特に調子悪いという気はしていないと思っていましたが、

朝起きた時から疲れているわ、身体をストレッチするとあちこち痛いわ、

ビミョーに、元気ではなかったので、早寝早起きから実行しようと思います。

もともと早寝早起きタイプでしたが、ついつい夜にPC作業をして、

遅くなってしまうことが多かったので、生活を改めて、元気な身体をめざそうと思います。

 

 

☆写真は、スマホゲーム・ねこあつめ プレイ画面です。

ネコさんたちは、ストレスなさそう、身体を温めたり、日光浴したり…お手本ですね。

 

 

★不自然な 生き方あらため 生命力up★

 


にほんブログ村