読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぷく日和。

あわただしい日々の中、ちょっと一服しませんか☆

いい加減 は 良い加減 ♪

f:id:cyuncyun8:20161213233754j:plain

 

ある時、美容院で、担当の美容師さんから突然

「完璧主義」という言葉が聞こえました。

カット&カラーをしていただいていた時の事です。

それまでの話の流れ的にみて、唐突であったので、

その意味がよくわからず、それってどういう意味なのか を確認したところ、

「完璧主義でしょう?」と言われました。

 

なぜそう思うのかを聞いてみますと、

髪の毛の量が 多い からとのことです。

量が多いのは、「上へ上へ」と考えているかららしく、そうなのでは?と聞かれました。

まぁ確かに、「下へ下へ」とは考えたことがなかったなぁ。

人からも「前向きだね」と言われたこともあったなぁ。

性分としてそうみたいなので、今まで、上へ ということを特に意識して生きてきた という訳ではありませんでした。

 

その美容師さんいわく、

自分で意識していない人が多い そうです。

常に「上へ」と考えているので、今の状態に満足できず、

「自己評価が低く」そして「ドM」とのことです(笑)

 

まぁ確かに、自分でハードルを上げている ということに、心当たりがあるような気もしますね。

以前、心理学を勉強している友人に「インナーチャイルドをもっと愛してあげて!」と言われたことがあったことを思い出しました。

 

たまたま今日、ぱらぱらとめくった本の中に、「いい加減」は「良い加減」というのを見つけましたので、その言葉を自分に贈りたいと思います。

そして、頑張りすぎている方にもシェアしますね。

 

――――――― 「名言セラピー」より抜粋 P.72~73 ―――――――

リスって

かなりおおざっぱな性格の上に、

おまけに忘れっぽい。

 

適当に木の実を埋めるので、埋めた場所をすぐに忘れてしまうのです。埋めた木の実のうち、60%は忘れ去られるというデータがあります。

 

じゃあ、忘れ去られた木の実はどうなるのか?

そこから芽が出てスクスクと育ち、やがては木となります。

そう、森の木がスクスク育つのは、リスたちが忘れっぽいおかげなのです。

 

しかも、埋めるときのその性格が功を奏しています。

動物によっては、土を地下1mほど深くしっかり掘って木の実を埋めるのに、エゾリスやニホンリスは、地面を鼻でちょろちょろと掘る程度で、わずか2~4cm下に埋めます。

土をかぶせ、落ち葉をかけて、

ハイ、終了~。

かなりいい加減なんです!

 

でも、2~4cm下というのが、ちょうど湿気があり、適度に乾燥から守られており、発芽に最も適した環境なのです。逆に、土の深くにしっかりと埋められた木の実は発芽できないそうです。

 

リスの「いい加減」は、

山にとっては、ちょうど「良い加減」

だったわけです。

 

僕らはどこかで完璧であらねばならないと思っています。

でも、それもほどほど、適当でいいんじゃないでしょうか。

 

「適当」だって、「適度に当たっている」と書きます。

――――――― ここまで ―――――――

 

3秒でハッピーになる 名言セラピー(英語でしあわせ編)

 

 

☆写真は、街中のプランターにいたビオラたちです。

 パンジーより小さいビオラ、可愛くて大好きです。

 

 

★生きている それが誰かの 役に立つ★

 


にほんブログ村