読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっぷく日和。

あわただしい日々の中、ちょっと一服しませんか☆

わくわく仕事

f:id:cyuncyun8:20161211232336j:plain

 

本日放送されたTV番組「サキどり↑」を見て、とても感動しましたのでご紹介します。

 

「サキどり↑」は、NHK総合の番組で、毎週日曜日・朝825~(約30分間)放送されています。

 

――――――― HPの番組紹介より ―――――――

『最先端の現場で見つけてきた、暮らしを良くする“種”となる「サキどり」情報をジョン・カビラ片山千恵子アナが明るく楽しく分かりやすくお届けします!』

 

6年目に入った「サキどり」は、ますます“最先端”の現場にこだわります。

“最先端”の現場には、私たちの身の回りの課題を解決するアイデアとなる

「サキどり」情報があふれています。

ディレクターひとりひとりが先鳥(サキどり)となって、

“最先端”で探してきた“幸せの種”をもとに、MC2人と多彩なゲストが

ワイワイガヤガヤと明るい未来のヒントを探ります。

――――――― ここまで ―――――――

 

紹介文の通り、知らなかった情報が満載で、そして

面白いので、毎週楽しみにしている番組のひとつです。

 

本日の放送は

『サキどり 空き家に眠る宝物 廃材をレスキュー!仰天!まさかの逸品が我が家に!?』

という題名で、空き家の廃材をレスキューして、アップサイクル(デザインなどにより、新たな価値をつけてリサイクルする)するという仕事をされているご夫婦の紹介でした。

 

空き家が増えてきている昨今、そこには古びた、だからこそレトロ感満載の昭和なデザインの窓ガラスや、いい感じに年季の入った木材など、見方を変えたら……お宝が!

わざわざ加工したダメージデニムなど、ユーズドってオシャレですもんね。

そんな感覚を家の木材や廃材に見出して、再生させるアイデアやセンスが素晴らしいです。

 

見ていて感動した言葉が3つありました。

まず、見極める基準について、

「次の世代に残したいかどうか」で決める。ということです。

次世代のことまで視野に入れて考えるって、忘れがちですが、とても大切なことだなぁと思います。そこをズバリと言い切っていらっしゃいました。素晴らしいです。

 

次に、空き家とはいえ、

「持ち主の気持ちを考えて、レスキュー後に掃除をしたり、無料で提供された場合には

レスキュー材料を使って、何かを作り、プレゼントしている」ということでした。

人の気持ちを本当に大切にされていることが垣間見られて、もうね、ぐっときました。

番組の中では、廃材で、素敵なデザインのお皿を手掘りされて、プレゼントしていました。

思い出深いかつてのわが家の一部で出来たお皿、他人の私が見ても素敵だと思うのですから、ご本人にとっては、ひとしお嬉しい一品なのではないでしょうか。

 

最後に、レスキュー&アップサイクルの

「知識・技術をシェアしたい」という言葉でした。

9月から始められたばかりというこの商売ですが、(素晴らしいからこそ)それを独り占めするのではなく、みんなにシェアするという、人間の大きさに、もう感服です。

東北から見学に来た方に、惜しみなくシェアされていました。

 

イデアに、考え方に、そしてお客さんにも喜んでもらえ、かつ自分たちも楽しんで仕事をされている姿に、元気をもらえました。

 

www4.nhk.or.jp

 

 

 

☆写真は、黄金色の銀杏の木です。

 銀杏の葉っぱの形って、変わっていて良いですね。大好きです。

 

 

★空き家がね 見方を変えたら レガシーに★